Affective

思考 それはクライアントと一緒に考えること

Skills

テクニック それは問題を定義し、課題を解決する方法論

Knowledge

智慧 それは数多くの経験から得られた知見

previous arrow
next arrow
Slider

ASK methodアスクのコンサルティング

アスク総研のコンサルティングは、

  • 企業の解決すべき課題を掘り起こし、チームで共有
  • それにかかわる個人の能力開発
  • そのプロジェクトチームまたは部署の組織改革を同時に行いつつ

最終的な目標として、企業の課題も解決してしまうことを目指しています。

現代の企業における様々な課題は、枝葉末節にいたるまで複雑に絡み合っています。
そのため、従来のコンサルティングメソッドによって本質的に解決できるものは非常に限定的です。

アスク総研では、21世紀型のチーム学習方法論として知られている「アクションラーニング」を従来のコンサルティングメソッドに有機的に取り入れ、コンサルティングを単なる【従来の外部エキスパートによる「課題解決」の補助】ではなく、【本質的な課題解決を目指すチーム・組織の育成と、それによる本質的な課題解決】まで昇華いたしました。

弊社ではこれを「アスクメソッド」と呼び、「魚をあげるのではなく、魚の釣り方を教える」というコンセプトを超え、「どんな魚にも対応できる釣り方を考えられる普遍的な力」をチーム・組織に根付かせることを目標としています。

Problems to be solvedこんな悩みや問題はありませんか?

経営戦略上の
問題

  • ビジネスがうまく回らない
  • サプライチェーンに問題がある
  • 計画通りの利益が出ない

組織や人材に
関する問題

  • チームが一枚岩になっていない
  • リーダーが育っていない
  • コア人材が不足している

経営環境や競合相手に
関する問題

  • ライバルの動向が見えていない
  • プロダクトと市場のマッチング度合いが見えていない

Solution解決に向けた具体的なソリューション

アスク総研は、経営における課題を3つの軸で分析・整理します。

  1. 事業のフレームワークとなる 経営
  2. 「ヒト・モノ・カネ」の中で唯一、ドライブをかけるエンジンとなる ヒト
  3. 事業において必ず存在する顧客や競合相手などの 外部環境

これらの分析軸によって「視える化」されたモデルを利用し、解決課題の本質や解決方法などを検討するのが「アスクメソッド」です。

経営コンサルティング

経営コンサルティング

ヒト・モノ・カネが集合し、何らかの事業を進めていく場合、「経営目標の設定」「どんな事業を行うのか」「経営資源はそろっているのか」などを検討する必要が生じます。
すでに事業として成功を収めている場合でも、そこに何らかの解決すべき課題が生じていることが多いでしょう。
アスク総研では、そういった事業フレームワークの構築や、解決すべき本質的な課題の抽出をクライアントと一緒に考え、解決まで導きます。

ヒューマンリソース・ソリューション

人的資源ソリューション

ヒト・モノ・カネのうち、能動的にドライブすることのできる唯一の存在。それが「ヒト」です。
前例があり反復性の高い問題を解決するのは「AI(人口知能)」にもできるでしょう。
しかし、「未知の問題の解決」や「未来を左右する創造性」は「ヒト」にしかできません。

経営環境ソリューション

経営環境ソリューション

いくら立派な会社だったとしても、会社単体で事業が成り立っていることはあり得ません。
そこには、「顧客」や「競合相手」「規制」などが存在しています。そういった外的な環境を緻密に分析し、最適なソリューションを見出すのもアスクメソッドの本質です。

To be a Learning Companyラーニング・カンパニーへの挑戦

アスク総研では、新世代のマネジメントのモデルとして「ラーニング・カンパニー」の考え方を提唱しています。
組織の「ハード(Systematic)」だけでなく、そこに「ソフト(Systemic)」変革のプロセスを融合させた「組織の学習(ラーニング)」。
さらにはマネジメント変革のシステムを現場に植え込む新たな企業再生の方法論も含めて、クライアントに提供しています。
アスク総研は、経営目標の達成を目指してクライアントと共に歩んでおります。
「ラーニング・カンパニー」の概念は、英国ランカスター大学のJohn Burgoyne氏などによる著書『THE LEARNING COMPANY』に基づくものです。

ASK総研へのお問い合わせ

お問い合わせフォーム