経営改革・業務改革コンサルティング

アスクの経営改革・業務改革コンサルティング

プロセス連携・データ連携とマインド連携の調整

顧客価値(QCD)の向上と経営効率化(利益率、総資産回転率)を狙うためには、イノベーションサイクル上の価値連鎖、つまりプロセス・組織間の連携・データ連携・時間連携・マインド連携の在り方を議論しながら事業システムのモデル(ビジネス構造モデル、アクション・モデル)をデザインすることが重要となります。
この過程において、グローバル含めたイノベーションサイクル上の企業間・組織間の調整問題を解決します。

※イノベーションサイクルとは、以下4つの継続的探索サイクルです。

  1. 企画・設計開発プロセス
  2. サプライチェーンプロセス
  3. 普及と顕在ニーズ検証プロセス
  4. 顧客プロセス(潜在ニーズ誘発プロセス)

変革の共通の意味づけ

「なぜ今、改革が必要なのか」、それはどういう意味があるのか、に関し関係者全員が将来に対する共通の問題意識と変革の意味づけを共通理解しなければなりません。
このためには、まずは事実・データを基にした現実の追求が必要です。財務・オペレーションの視点からデータ分析を競合他社との比較において明確に表現化することで、危機感を醸成します。
また、各々が認識する問題状況や現象をつながった全体像として認識すること、また表面的な見える世界での議論から、その根源(根っこ)を掘り固めて、改めて見える世界に戻って議論し直すといった論理的かつ思い込みのすり合わせ作業も必要となります。

変化への明確なイメージと硬いコミットメント

これら議論が総論賛成・核論反対にならないように、根本的解決策と対症療法的解決策をうまく連携し実行シナリオとして全員で共有化すること、又これによるアウトプット・イメージと変化点(BEFORE/AFTER)、達成納期を関係者間で議論し、コミットメントしておくことが大切です。

具体的なコンサルティング事例

  1. 全社的な業務改革コンサルティング
  2. 「経営情報の見える化」システムの構築
  3. 中小・中堅企業向けMA(マーケティングオートメーション)導入支援
  4. 競合ベンチマーク調査・分析を活かした経営革新
    (グローバル市場で「競合他社に如何に勝つか」、「如何に儲けるか」を徹底的に追求)
  5. 経営戦略実現のための組織変革、人事制度改革
  6. 中小・中堅企業の経営改善と企業再生の支援
  7. 個別具体的経営課題解決のサポート
    • ソリューション営業力強化
    • 原価管理システム導入(「原価一番」パッケージ)
    • CRM(営業管理)パッケージシステムの導入
    • ITセキュリティ対策
  8. 全社的視点から「Money Saving(収益性改善)」プログラム実施
  9. 「経験学習」サイクルを促す仕組みづくり支援
  10. ソリューション営業、ソリューションサービス組織の人材・組織力の強化指導
  11. 次世代に向けたビジネスリーダー育成

「営業管理(CRM)」パッケージ・ソフト

vtiger CRMとは

  • vtiger CRMは、インドの会社が開発した管理機能満載の、企業の管理者にとって使いやすく、刺激的なオープンソースソフトウェアです。
  • 契約管理、見込み客管理、FAQ管理、商品管理、メール管理、イベント管理など数え切れないほどの機能を備えています。
  • さらに、これまでの日本企業のお客様からの要求により新たな機能(営業日報、売上見通し、SMS配信など)を追加開発し備えてあります。また、検索機能、履歴表示、時刻表示、電卓機能が配置されるなど、細かい心使いを施しています。
  • 「vtiger CRM」は、インターネットエクスプローラで操作し、営業担当者やマーケティング担当者の方々が、ホームページにアクセスする感覚で、顧客管理や営業支援ソフトを活用することができます。見やすく、シンプルで簡単に直感的な操作が可能です。

vtiger CRMの利点

【BtoC ビジネス】

  • SMSを活用したお客様への各種案内(各種キャンペーン告知、キャンペーンの特典の管理、商品引取り案内、点検サービス案内等)、フォローアップ連絡などの連絡手段として活用。
  • お客様基本情報の照会と変更。購買履歴、来店履歴等の紹介。
  • 顧客ポータルとの連動によるWEB予約、店舗内での稼働率の向上。
  • 各店舗の予約管理機能により、売上見通しの精度向上

【BtoB ビジネス】

  • キャンペーン、見込みから商談、営業日報、請求までの一連の営業情報の「見える化」により、営業マンの稼働率と商談回転率が向上し、かつ商談精度も高度化。
  • 商談結果分析によりターゲティング(市場・業界 / 商品・サービス)の明確化。また、商談プロセスでの受注/失注の原因分析により、営業強化策の立案。
  • 商談のステータスと見積データの分析から、期間毎の売上予測の自動算定を可能にする。また、この売上予測データをもとに商談活動へ働きかけを行い、売上目標の実現を図る。

原価一番(パッケージソフト)

「原価一番」は個別原価計算と総合原価計算を1つのシステムの中で取り扱うことができる、中小・中堅製造業向けのパッケージソフトです。
開発者の勝本宗男と共同で導入のサポートを行っております。

中小・中堅規模に適した操作性、柔軟性の高い、製造業・サービス業向けの原価計算パッケージ・ソフト

『原価一番』(IFRS対応)の導入サポート

パッケージ・ソフト『原価一番』(IFRS対応)

※日本語 / 英語切換え可能

IFRSとは

国際財務報告基準(IFRS:International Financial Reporting Standards)とは、国際会計基準審議会(IASB)およびIASBの前身である国際会計基準委員会(IASC)により設定された会計基準(IASおよびIFRS)およびIFRS解釈指針委員会(IFRIC)およびIFRICの前身である解釈指針委員会(SIC)により発表された解釈指針(SICsおよびIFRICs)の総称です。
このうち会計基準については、財務諸表の作成および表示に関する概念フレームワーク、IAS第1号からIAS第41号およびIFRS第1号からIFRS第13号(2011年6月時点)までの個別基準書から構成されています。

ASK総研へのお問い合わせ

お問い合わせフォーム