戦略系コンサルティング

アスクの戦略系コンサルティング

未来の価値創出を追求

お客様が真の「儲け」のために大切なことは、営業力の強化、SCM組織力の強化、製品技術力の強化、…といったテクニックによる変革推進だけではありません。
今後必要なのは、どのように資源を使い、どこのお客様にどんな「価値」を提供するかというビジネス・サービスモデル全体を考えることです。

戦略策定の目的

そもそも経営戦略・事業戦略の策定は、「目的」ではありません。
戦略策定の目的は、

  1. 事業責任者が描く構想を実行するにあたり、あいまいな部分を明確化し、自信を持って確固たる意思決定を行うこと
  2. 幹部社員の戦略実行力を高めること
  3. 市場変化の兆しが見えた領域で、その変化が何かしっかり解釈し、事業ポートフォリオを早めに組みなおすこと

といったものです。
そこで戦略策定の前に、戦略によって何を達成すべきか、戦略目的を明確化しなければなりません。
さらに戦略実行の段階では、グローバルな関係者を一枚岩にし、戦略の示す方向に対し、思考と行動を変革させなければなりません。
そのためには、詳細な戦略の記述ではなく、戦略コンセプトの明確化と普及が重要となるはずです。

具体的なコンサルティング事例

  1. 財務戦略と事業戦略のビジネス・アナリシスと提言
  2. 中長期経営計画策定とアクションプランニングまで一貫して支援
    (セッション形式で方法論と進め方のアドバイス及び成果のフォロー)
  3. マーケティング・販売戦略策定と営業現場での戦略実行フォローアップ

経営戦略策定作業の全体像イメージ

ASKコンサルティング・メソドロジーでは、システマティックな論理的手順(分析型アプローチ)とシステミックなソフトシステム思考(探索・学習型アプローチ)をうまく融合しながら、お客様との協働セッション形式で、経営戦略系レイヤー~業務改革系レイヤー~システム系レイヤーとの有機的な連携を図りつつビジネスモデルの変革を進めてまいります。(以下概念図)

ASK総研へのお問い合わせ

お問い合わせフォーム